×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「あにまるっ」のラッキーブレンカム研究所
ANIMAL+R's Racky Brain Camera Stabilizer Laboratory


トップページ

組立教室

調整教室

部品教室

ver紹介

テスト撮影

工事中

工事中

リンク

ブログ

組立教室

ラッキーブレンカム アルミパイプモデルTypeA 組立動画TYPEA(4).JPG - 130,623BYTES
ラッキーブレンカムver4.22F研究キットの組立動画RBCVER4.22FMAIN.JPG - 672,134BYTES
ジンバルDタイプの組立動画OPPARTSGIMBALTYPEDFULL.JPG - 164,097BYTES


旧モデル組立動画
ラッキーブレンカム アルミパイプモデル組立動画ALUMINUM.JPG - 158,135BYTES
ラッキーブレンカムver4.21研究キットの組立動画VER4.21ANDKALLER1.JPG - 417,154BYTES
カメラスタビライザーver4.1研究キットの組立動画VER4.1.JPG
はじめてのカメラスタビライザー組立動画(  S20090904VER ALL.JPG - 97,270BYTES
 


  組立てのヒントやアイデアになりそうなものを集めました           

映 像

ヒント アイデア

新型カメラ雲台の組み立て方
「ウツボ」の取り外し方

折りたたみ機能を追加

VER4.21ANDKALLER1.JPG

チルトアップ&ダウン機能追加
 研究キットver4.21にカーラースポンジを被せただけです

SPARTS-KARLLER.JPG

wベアリングタイプジンバル(試作)組立動画
 パーツにはいつもの5円玉に加えて50円玉を利用します

 (後日、Wベアリングでの撮影動画をアップする予定
  でしたが...バランス調整に苦労しています) 

VER421FULL.JPG

研究キットver4.21 発売開始(2010.4.29.)
 1)前後左右傾きの微調整パーツを金属部品に変更しました
 2)ジンバルの前後スライド、固定がより簡単になりました
 3)Uジョイントのジョイント部隙間対策
   ※Uジョイントを組み上げると隙間があるものとないもの
   があります。ワッシャをはめると隙間がなくなります。
VER4.21UNIVERSALM2WASHA.JPG
隙間あり:ワッシャ組込済
隙間なし:ワッシャ組込していません
 隙間が目立つ場合はご自身で組込でください

研究キットver4.2 発売中止
 ver4.11からの変更点
 1)前後微調整用ネジを追加(前後微調整ができます)
 2)接続部品にワッシャー追加(5円玉が目立ちません。
  ただし、ウェート用にはあいかわらず5円玉が必要です)
 3)左右バランサーの5円玉カバー追加(5円玉が目立ちません)

 
搭載可能カメラ重量は150gから300gです。

 研究キットについて
  研究キットとはいってもver4.11などと内容は同じです。
 製品ではないので「研究キット」とさせていただきました。

New 超簡単!Dタイプジンバル組立動画

ARROW048_01.GIF - 400BYTES ver4.11(ver4.01)
2010年3月14日から発売開始(現在は発売しておりません)
 Bタイプジンバルグリップ部品付き。
 デジカメ、5円玉は付属しません
ver4.11とver4.01の違いは赤い枠内のアーム部品2本です

ver4.1からの変更点
1)左右バランサー追加、2)バランス部
形状変更、
3)ジンバルグリップ変更、4)カメラ取付台をT字型に変更

 S100304ADD_BALANCER2

ver4.1を改良してみました
ver4.1からの改良点

 1)左右バランサー追加、2)バランス部
形状変更、3)グリップ変更
改良の目的
 1)バランス向上、2)撮影時にアームが腕にあたりにくくなる

(Uジョイントの青色覆いは、パンアップ研究中の部品です)

230gのカメラが搭載可能
 押入れにあったフィルムカメラ(230g)をver4.1に乗せて
調整してみました。
 左右方向への振り子がいまいちですが、ver4.1はカメラ重量
150g〜230gに対応しそうです。
ver4.1(150gカメラ仕様)から変更したところ
1)カメラ後部のウェート5円玉は13枚
2)カメラ雲台の取付方法
3)左右バランス用M10ボルトナットの取付方法
4)バランス部角度
5)バランス部最終端のウェート5円玉は9枚

              
重量の違うカメラ比較(左は230g、右は150g)
    ARROW048_01.GIF - 400BYTESカメラの下へジンバルを配置(パーン時バランスから)

230GCAMERA.JPG - 111,405BYTES   VER41ANDC1TYPE.JPG - 143,323BYTES

DSC04878.JPG DSC04879.JPG - 142,179BYTES

ジンバルのぐらつきを低減
ジンバルのM4蝶ネジ根元に網戸押さえゴムをはめました。
グリップを左右に振ってもバランスがくずれにくくなりました。
でも、擦れて減ってくるので時々交換が必要です

簡単 C1タイプジンバル組立動画
 キャップ形状が変更されたため再撮影しました
 ARROW048_01.GIF - 400BYTES
内部パーツ構成を少々変更

簡単 Cタイプジンバル組立動画
 
悔しいけどM8ボルト締付レンチが必要
 ARROW048_01.GIF 追加:
M8ねじ発見!レンチ不要です
 動画中ではレンチを使っていますが下のM8ねじでは
 レンチ不要です

M8 25MMねじ

 動画中のグリップ部品(Cタイプ)は現在販売してません。  

JINBALS20100124.JPG DSC04839.JPG - 43,075BYTES

ジンバルグリップの種類(左から)

 (Aタイプ)百均水道ジョイント部品の一部をカット(↓)
 (Bタイプ)市販給排水部品そのままでOK
 (C1タイプ)市販給排水部品にリングをはめて使用
 (C2タイプ)市販給排水部品にリングをはめて使用
 (Dタイプ)市販給排水部品そのままでOK⇒
おすすめ!
 

Cタイプの給排水部品は2種類、現在はC2タイプが入手可能
JINBAL-INNER1.JPG JINBAL1-02.JPG - 141,593BYTES

JINBAL-INNER2.JPG - 136,762BYTES

初めて組立てたジンバル(Aタイプ)内部

 水道ジョイント部品の内部をニッパでカット、
 ベアリングやキーリングをはめ込みました